テーマ:徒然にっき

徒然にっき190901

暑い八月が終わって今日はもう九月です。すっかり涼しくなって、夏の疲れが出ている感じです。倦怠感のような、前へ進める気分がそがれる感じで、もたもたです。昨日は、大阪豊中の服部天神そばにあるギャラリー176へ行きました。台湾在住の作者の生い立ちからのトークがあり、自縛の私写真に感銘です。なにかと気分が落ち着かない日々ですが、がんばってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190827

あっけなく日々が過ぎていく感覚です。自分という枠組みが壊れていく感覚を味わいつつです。今日は午後から雨が降ってきています。先ほど上賀茂神社へ写真を撮りに行ってきたところです。カメラが壊れて、古い方のカメラを持って、撮影に行きました。そのうちの一枚が、ここに載せている写真です。少しアレンジすることを覚えました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190822

夏が終わっていく感覚で、虚しさがこみあがります。ある種、病的に、ペシミストの側面があると思っています。時折、この病が襲ってきて、自分自身が立ち行かなくなるのです。けっこう本質的なところだと思われて、何も手がつかなくなる。いいえ、いまに始まったことではなくて、けっこう若い時からです。病名としては境界例とかいうことらしいんですが、定かで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190814

お盆、地蔵盆、数珠回し、この町内、子供たちが多くなった。今年は、明日に台風が来るというので、一日だけの地蔵盆。のんびり、娘が来てくれて、墓参りするというのです。お寺へ参って、線香をあげて、はま寿司へ行った。お盆は、なにかと、のんびりしようと思うところです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190813

暑い、疲れる、それだけで、体力、消耗します。立命館宇治、敗退、相手は星稜、しやないね。今年もまた、夏の芥川賞作品が載った文春を買った。写真は、仏前のお供え、この真ん中のを買って供えた。ワードで文書を作って印刷した。写真研究会のレジメです。小説は書けなかったので写真をアップしました。 以上、ここまで。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190812

お盆、お寺へいって、墓掃除とお金を渡してきました。お墓の写真を載せるのもなんなので、お寺の境内にある松と等伯の像。このお寺は、なかなか有名なお寺のようで、等伯の涅槃図を所有してる。ぼくの名前の入ったお墓があって、ぼくは長男だから、墓守をする役。いまどき、そんな時代じゃないというけれど、ぼくはこの点、保守派です。 人の縁というのも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190811

暑い、昨日の京都は気温38度をこえていたという報道です。とにかく暑い、いま、まだ午前中ですが、外に出ると暑い。部屋にクーラーを入れて、作業しているけれど、体力消耗しますね。今日は、日曜日、YONEDAさんのとこのミーティングに参加します。正確な名称が、出てこないのでアバウトですみません。 現代表現研究所を主宰しているど、コラボでき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190809

8月9日、長崎に原爆が投下された日、11時2分だといいます。広島といい、長崎といい、二か所に原爆投下があった国、日本です。核兵器全廃に向けて、やっぱり世界の先頭に立つべき国だと思うんです。74年が経って、悲劇が繰り返されるかも、なんて思うと胸が痛みます。写真は、京都、千本えんま堂、お盆のお迎え行事が始まっています。 連日、暑い日が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190806

むくむくアーカイブス 8月6日、広島に原爆が投下された日、追悼の日です。1945年8月6日の朝、人類への悲劇が起こされたのです。それから74年が過ぎて、核戦争にはなっていない世界です。戦争は人を殺しあう争いです。核使用はおろか戦争自体を根絶しないといけません。 ぼくは1946年生まれです。団塊の世代と言われている男子です。学生時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190805

むくむくアーカイブス 朝から、五つほどブログを削除しました。未練が残るので、えいやぁっと削除画面を開いて手続きに進んだ。数日前に新たに作ったブログを含め削除、このブログは残した。このブログはフェースブック連動していないので、迷ったけれど。 これまでに積んできた過去を、一定整理して、再出発です。広報なんぼやっても人が来なかったんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190804

フォトハウスのホムペ 暑い盛りですね。気温38度を超える日々、京都です。暑いといっても驚かないけれど、体力が消耗するじゃないですか。その暑い中、蚕ノ社の三柱鳥居を写真を撮りに、いきました。それからこれまでの写真編集ソフトではないのを使いだしました。微妙に、調整ができるので、こっちのほうがいいなぁ、と思います。有償のソフトは使わない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190802

むくむくアーカイブス 暑い日ですね。汗をかこうと思って、外出しました。市バスと地下鉄利用で、神泉苑、蚕ノ社、とまわりました。その気にならないと外出できない暑さ、熱中症にならないように。写真展してるけど、あまり人に会いたくない気分で、歩きました。 画像編集、ビデオ編集、いずれも新しいツールですが、ぼちぼち。いずれも廃版になっていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190730

むくむくアーカイブス 蒸し暑い日になっています、夏の真っ盛りですね。パソコンを入れ替えて、ただいま使えるようにセットアップ中です。もう最後のパソコンか、と思っていますが、設定がめんどいですね。なんとか使えるようになって、やれやれの気持ちです。まだまだ細かいところが残っていますけど、あとはぼちぼちです。 七月がもう終わって、八月に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190728

むくむくアーカイブス おはようございます。自分研究、私の探求、先日の集まりのテーマというか、そういうこと。具体的なことは、まだここでは明らかにしませんが、参加しました。明らかにしないということは、ぼくにまだ描く情報がないからです。どうしたことか、この先、どうしようかと思っているところです。 パソコンとWiFiのルーターを入れ替え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190726

花と小説HP ついにメインのパソコンを入れ替えることにしました。三年半、その間にウイルスにやられたりハッカーにやられたり。たぶん、そんなことがあって、ネットにアクセスできなくなったのか。まあ、心機一転、作り直しもいいかな、と思っているところです。でも、現在では、デスクトップパソコンなんて使わなくていいんかも。でも、使い慣れてる、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190724

花と小説HP なにごとも中庸に、なにごとも無難に、枠がわからないまま自分研究です。主義主張を前に出すのではなく、主義主張をぼかしながらの自分研究です。自分とは何か、こういう問い方をすると、難しい、哲学的、って感じです。でも、私って何なんやろ、なんて言い方だと、いま流の言い方なのかも。まあ、ヒトってエロスの塊(かたまり)みたいな存在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190723

むくむくアーカイブス 今世紀初め、フリースクールとカフェ&プレスの構想を公開しました。この構想に基づいて総合文化研究所をつくり、むくむく通信社を立ち上げた。学校の部では京都写真学校、生産の部では京都農塾へのリンク、15年前です。最近では、現代表現研究所をつくり、フォトハウス表現塾を立ち上げました。 いま、あらためて、1984年に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190722

花と小説HP 意外とこのブログ、使いやすくなったので記事アップします。北井一夫さんのビンテージ、オリジナルプリント、額に入れてある奴。1985年ころかなぁ、心斎橋のピクチャーフォトギャラリーで、買った二点。忘れないようにと、ここに載せておきます。ええ、先日、ギャラリー176で、北井一夫さんの話を聴いたところです。 今日は、雨が降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190720

中川繁夫のHP 参議院選挙の投票前日ですね、世間は選挙の話で、盛りあがっていますね。ええ、投票にいきますけど、誰に、何党に投票するかは、内緒にしておきます。還暦を迎えるまで、選挙権は行使しておりませんでしたけど。ここ十年来は、欠かさず投票に行っております。 カフェ&プレスの原案は2001年の企画案が手元にあります。フリースクール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190715

花と小説HP 勝つとか負けるとか、この世の中、勝敗を話題にすることが多いですね。そんなこと、どうでもいいじゃない、という手もあるけれど、普通は勝敗です。勝つのもいちだし、負けるのもいや、そもそもそういう概念が、いややなぁ。世の中かなり変わってきていて、勝敗の価値観から、共有の価値観へ、来てる。 なにしたらいいんやろなぁ、いやいや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190714

花と小説HP この10数年間に書いたフィクションのHP間移動を終えました。この部分は現在進行形なので、まだまだ手を入れないといけません。まあ、自分が見やすくするために編集といえばいいのかも知れない。 昨日、雨が降りそうだと思いながら、府立植物園へ行きました。ハスの花が、もう熟れた状態で、咲いていたので写真にしました。スマホで撮っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190712

花と小説HP 祇園祭の鉾が昨日から組まれてるというので見に行きました。四条烏丸界隈を少しうろついて、少しスナップして、一枚載せます。スマホでは撮らずに、G5Xで撮りました。 中川繁夫のHP
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190711

花と小説HP このブログ、使い勝手が良いのか良くないのか、未定ですね。うまく機能しなくて、もたもたしているうちに、管理画面が正常になりました。記事を書こうとしていた内容を忘れてしまって、こんな文章になっています。写真は、うなぎ丼、こてはくら寿司で食べているときの、途中写真です。夏には、うなぎを食べますが、かなり値段が高い、もう庶民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190710

中川繁夫のHP 七月、祇園祭の頃に咲く花、ヒオウギという名の花です。うちの玄関に鉢があって、ただいま咲いているところです。花のホームページを作っておりましたが、そこには小説も載せています。ブログで連載して書いた小説を、ホームページにストックしているんです。性の問題を描くことが多いので、どちらかというとアダルト、官能小説ですね。 花と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190709

中川繁夫のHP 7月の京都は、祇園祭の行事で話題になります。もう祭の行事に入っていますが、鉾立から巡行までは、街もにぎやか。先日、八坂神社へ行ってまいりました。観光の人が多くて、賑わっていました。 写真集<京都>
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190708

ブログ記事の管理画面が変わっていて、最初の記事アップです。これまで使い勝手がわると思っていて、更新しなかったんですが。最新のブログになって、使っていこうと思います。中川繁夫のHPリンク画面も別ページで開けられるようになりましたね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190604

月に一回の記事アップになっているウエブリブログ、月一回の報告です。 載せた写真は、松原豊さんの写真展を見に行ったときのツーショットです。 ギャラリー176、豊中にある写真家たちの共同運営ギャラリーです。 ここ最近、大阪方面へ行ってなくて、ギャラリー訪問も久しぶりな感じです。 なにかと年寄りになって頑固になって扱いにくい人にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190407

平成から令和に元号が変わります。 天皇生存中に退位され新天皇が即位という歴史に立ち会っている。 立ち会っているといっても、そういう時代に生きているということ。 日本という国家があり、そこに生きているじぶんがいる。 日本語をしゃべり、固有の文化を体感し、考え行動している。 そういう制約のなかで自分という人格があることを視覚し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190207

ここへは月に一回程度の書き込みで、細々とつないでおります。 ビッグローブはぼくが使っているNTTからネットに繋がる回線です。 自分の本音的なレベルで、書き込みをしているブログです。 たぶん、今どきでは、あまり利用されていないブログかも知れない。 ぼくは沢山のブログを作ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190115

2019年1月15日、今日の日付です。 ここへ来るのも、今年になって初めてです。 沢山のブログを抱えて、何してるんやろ、と思っています。 今年は、フォトハウス表現塾、うまくいけばいいなぁ、と思う。 写真ワークショップをします。 昨年からの続きで、カフェ&プレスを実施します。 フォトクラブ京都も運営していきます。 Oさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more