アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
徒然にっき
ブログ紹介
中川繁夫のホームページです

プロフィルページへ
zoom RSS

徒然にっき190207

2019/02/07 17:18
画像













ここへは月に一回程度の書き込みで、細々とつないでおります。
ビッグローブはぼくが使っているNTTからネットに繋がる回線です。
自分の本音的なレベルで、書き込みをしているブログです。
たぶん、今どきでは、あまり利用されていないブログかも知れない。
ぼくは沢山のブログを作っているけど、プロジェクトの広報用です。
ネットを使って、オフ会へ導く案内をしている、広報です。
でも、ひと頃のような反応は、最近ではあま効果がない感じです。

自分のプロジェクトというと、現在の中心は「フォトハウス表現塾」です。
これは学習システムで有料の枠組みです。
でも、お金を払って学ぶには、それほどの信用力がないのかも。
それだけじゃなく、無料で集まる場を運営しているけれど、低調です。
昨年の今頃、「カフェ&プレス」を立ち上げてきましたね。
秋の九月からは「フォトクラブ京都」を立ち上げています。
今年に入って「写真ワークショップ」を企画しています。

二年間かかって枠組みができたところで、あとは人が育つかどうかです。
これまでの見直しをして、縁切りをした人たちがいます。
誠意を無視され、反故にされ、利用されただけ、だから縁切りです。
でも、新しい枠組みの中で、新しい、素晴らしい、関係が生じています。
今年は、何人かの人と共同で、理想を語り合いたいと思うところです。
あまり具体的に書くのは遠慮しますが、よろしくお願いします、です。
なにもないところから始めることに興味を持たれたら、一緒にやりましょう!

フォトハウス表現塾のHP

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき190115

2019/01/15 15:39
画像

2019年1月15日、今日の日付です。
ここへ来るのも、今年になって初めてです。
沢山のブログを抱えて、何してるんやろ、と思っています。
今年は、フォトハウス表現塾、うまくいけばいいなぁ、と思う。
写真ワークショップをします。
昨年からの続きで、カフェ&プレスを実施します。
フォトクラブ京都も運営していきます。
Oさん、Hさん、旧知の三人がいて、その枠組みでうれしいです。
今年もよろしくお願いいたします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき181204

2018/12/04 09:37
画像


フェースブックの過去の記事で、思い出させてくれる記事がでてきます。
三年前には、表現大学に関係してた、二年前には関係を解いた。
そこから紆余曲折、今年に入ってフォトハウス表現塾を実現させた。
理想とする構造を描くのは、自分なりに、これまでにも描いてきました。
それらの総合として、大きな枠組みを関係づけて、できることからする。
二月に中澤さんに会って、ワールド・カフェなる器のことを教えてもらった。
カフェ&プレスの構想は、もう15年ほど前に描いた構造で、それの実現。

カフェ&プレスは認知度が低いというか、内容がよくわからない、という。
その都度の、集まったひとの興味による話題を出しあい語り合う。
運営がなかなか難しい、というのも参加者が成果を求めるからだ。
そこで9月からフォトクラブ京都を立ち上げた。
写真に特化して、巷の写真クラブと同じような方法で、現代写真を捉える。
世の中は難しく考えることで価値をつける風潮だが、そうではない。
意識を低位に置くのではなく、ピンを示す意識だ。

イングリッシュ・ワークショップを企画された石塚さんがとらえられた現実。
その現実からつくりあげられた新しいメソッドが、素晴らしいと思うところだ。
フォトハウスの生成と相似たところがあり、共感したので組むことにした。
既存の常識を破って、新しいドメインをイメージするメソッドだと思う。
やってみないと分からない、そこから始められる人が素晴らしい。
出来あがった器で価値ありという中に入ることは簡単だか、そうではない。
新しい価値を持つ器をつくっていける人、それがいま求められているところだ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき181129

2018/11/29 17:46
画像


こんにちは、またまた月一回のペースになってしまいました。
お元気でいらっしゃいますか。
世の中めまぐるしくまわっている感じで目がまわりそう。
そういいながらも、ぼくはその世の中から遠くにきてしまった感です。
懐かしい人たち、会いたい、お話ししたい、そう思いながら名前を見ています。
紅葉の季節で、今年はスマートフォンで撮っています。
最前線、作家、している感じで、ちゃちな写真を撮って、アップしています。
では、また、次はもう12月のいつ頃になるか、不明です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき181024

2018/10/24 09:11
画像


嵯峨、大覚寺の南にある円山古墳、ぐるっと回ると石があった。
多分石室の上だと思う、この下に石棺があるのではないか。
宮内庁の参考地との札があったから、それらしい、未発掘か。
嵯峨野古墳群と言われている地域を巡って、いくつが写真に撮った。
今年の夏前から、巡って、スマホのカメラで撮っています。
蛇塚、天塚、甲塚、狐塚、掲載の写真は、円山陵とか、です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき-40-

2018/09/09 18:04
画像


此処へ来るのは久しぶり、お盆以来です。
9月1日(土)には「フォトクラブ京都」の創立例会をおこないました。
毎月第一土曜日の午後、例会を開催する予定です。
フォトクラブ、いわゆる写真愛好者が集まる写真倶楽部です。
難しいこと言葉で言っているばかりじゃなくて実践します。
写真を撮って作品にする、作品を見て批評する、この二つです。
ただ、その背景に、写真を捉える捉え方というのがあるから、これ。

なんでもいいから撮ったら作品になるなんてことはありえません。
撮る対象の物、現実にある物、それの意味を捉えるのです。
知識の差異があるから全ての人とは言いませんが、意味を捉える。
意味を、誰が見ても普通にわかり、こころ動かされるということ。
この対象を、どのように撮って、まとめるかというトレーニングです。
まあ、現代の作品って、けっこう難解になっているから、敬遠しがちです。
でも、そうでもないレベルで、感動をベースにおく写真、これを求めます。

関西の歴史を担って、その流れの中にフォトクラブ京都を位置付けます。
流れをそのまま受け継ぐのではなくて、内容は現代を表現します。
なかなか難しいことだと思っていますが、現代を見つめる、この視点です。
撮られて発表された写真を眺めていても、現代は立ち昇りません。
見る人の現代認識によって、その現代というイメージが立ち昇るのです。
このように考えているんですが、このことを実践していければいいと思います。
新しく始まった「フォトクラブ京都」のムーブメントです、集まってくださいね。

フォトクラブ京都のページ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき-39-

2018/08/16 16:51
画像

お盆の、大文字送り火の日、8月16日です。
気になっているんですが、ここは月に一回ペースですね。
フォトハウス表現塾への勧誘というかPRのためです。
お知らせとしては、今週土曜日、8月18日はカフェ&プレスです。
5回目になりますが、魅力がないのか、集まってきませんね。
こちらの思いは、相手に伝わらない、そんな感じです。
片思いの気持ち、どうしたらいいのか、沈みます。

フォトクラブ京都を立ち上げようと思っています。
同好会的に、月一回集まって写真を勉強をするクラブです。
レベルをいうなら、かなり高い水準で、勉強したいです。
潮流でいうなら、今を代表する思想とリンクしたい。
政治もそうだけど、写真も閉塞j状態から、脱却させたい。
好き者集まるわいわいがやがやから始まってもいい。
時代をリードする、できるメンバーを育てたい、と思うわけです。

3年前のことを思い出します、2年前のことを思い出します。
そうして1年前のことを思い出しています。
紆余曲折、現在形のカフェ&プレスとフォトハウス表現塾です。
それにフォトクラブ京都は写真家集団として、歴史にリンクします。
こういうことを言ってるから、参加者が少ないのかなぁ。
だんだんと気持ちが萎えてくるのが、分かります。
といいながらも、成り行き任せですが、声をかけていこうと思う。




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

徒然にっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる