アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
徒然にっき
ブログ紹介
中川繁夫のホームページです

プロフィルページへ
zoom RSS

徒然にっき190604

2019/06/04 09:53
画像

月に一回の記事アップになっているウエブリブログ、月一回の報告です。
載せた写真は、松原豊さんの写真展を見に行ったときのツーショットです。
ギャラリー176、豊中にある写真家たちの共同運営ギャラリーです。
ここ最近、大阪方面へ行ってなくて、ギャラリー訪問も久しぶりな感じです。
なにかと年寄りになって頑固になって扱いにくい人になっているんやろな。
自分のことを、このようにおもう最近で、ちょっと引いてしまうんですね。

昨日は西院で上野さんと吉本さんで飲み会しました。
帝塚山ハウスと仮称している場所の話題で、来週には訪問したい。
新しくなにかを始めたいという彼らと仲間にしてもらって、何かをはじめよう。
京都でやっているフォトハウス表現塾、ちょっと手詰まり感です。
箕面から始めた今回、神戸、尼崎を経て京都に落ち着いたところです。、
人が集まらないというのは致命傷だと思っていて、そうしたらいいのか。

夏が近づいてきて、少しペースを落として、物事を考えようと思う。
次の展開は、京都と大阪、大阪はぼくの企画ではありません。
共同でできることがあれば、ぼくも参加者のひとりになります。
写真の場ではありません、現代表現研究所の枠を提起します。
若い世代の運営に、うまくかみ合っていければいいと思っています。
昨日、西院で話題になったこと、つぎにつなげたいと思うところです。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき190511

2019/05/11 11:13
画像


令和元年5月11日、これが今日という日付です。
泉鏡花は小説家で、金沢出身なので記念館が設けられています。
先日、見つけて、入館してきました。
文学に目覚めたころのことを思いだしている自分がありました。
小説を書こうと思っていた二十歳の頃、文学全集で泉鏡花を知った。
泉鏡花、徳田秋声、室生犀星、この三人が金沢出身の有名どころ小説家です。
最近は五木寛之文学館も出来ていて、まだぼくは訪れていません。
まあ、泉鏡花記念館へ入ったのも偶然の産物だったかもしれません。
いまは名前が変わっていますが金沢逓信病院があって、そこで長女が生まれた。
その病院の前へ行ってみて、その近くに泉鏡花記念館があったというわけ。
金沢に森八という有名なお菓子屋があって、その跡地になるというのです。
橋場町界隈、尾張町でしょうか、詳しい町名はわからないけど、そのあたりです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき190407

2019/04/07 08:22
画像

平成から令和に元号が変わります。
天皇生存中に退位され新天皇が即位という歴史に立ち会っている。
立ち会っているといっても、そういう時代に生きているということ。
日本という国家があり、そこに生きているじぶんがいる。
日本語をしゃべり、固有の文化を体感し、考え行動している。
そういう制約のなかで自分という人格があることを視覚します。
新天皇の即位は5月1日で、この日から令和という元号を使います。
ぼくは西暦を使う派だから、使うのは役所に出す文書くらいです。

桜の季節、昨日は鴨川堤、出雲路橋のたもとへ行きました。
フォトハウス表現塾の人材で上野くんが連れて行ってくれた。
若い人たちの集まりだから、ぼくは交わらなかったけど、様子を見た。
いまの若い人達と言っても50代以下の人たち、ぼくの子供世代です。
構想する現代表現研究所、フォトハウス表現塾、この運営者になる人。
このひとたちに託していくことを模索しているところで、その糸口探しです。
一昨年、昨年、今年と、少しずつ動いていて、これは成熟お兆しです。
今年は、少し前進、枠が拡大するように思えて、勇気が湧いてきます。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき190310

2019/03/10 17:30
画像


3月10日、春らしい気候になっていますが、今日は雨です。
北野天満宮の真紅と名宝展へ行ってきました。
京都文化博物館で只今展覧会が行われているところです。
ぼくなんかは、氏子ではないですが、一番近い神社さんです。
子どものころから慣れ親しんできた神社さんです。

もう10年ほど前から、京都の写真集をネット上で作っています。
あらためて、今の時代を写真に残しておくことの意味を感じます。
展示の中には古い写真があって、その時々のイメージが残されています。
写真の意味をいろいろと考えるんですが、こういう効能も意味のひとつです。.
あらためて、そのように思った次第です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき190207

2019/02/07 17:18
画像













ここへは月に一回程度の書き込みで、細々とつないでおります。
ビッグローブはぼくが使っているNTTからネットに繋がる回線です。
自分の本音的なレベルで、書き込みをしているブログです。
たぶん、今どきでは、あまり利用されていないブログかも知れない。
ぼくは沢山のブログを作っているけど、プロジェクトの広報用です。
ネットを使って、オフ会へ導く案内をしている、広報です。
でも、ひと頃のような反応は、最近ではあま効果がない感じです。

自分のプロジェクトというと、現在の中心は「フォトハウス表現塾」です。
これは学習システムで有料の枠組みです。
でも、お金を払って学ぶには、それほどの信用力がないのかも。
それだけじゃなく、無料で集まる場を運営しているけれど、低調です。
昨年の今頃、「カフェ&プレス」を立ち上げてきましたね。
秋の九月からは「フォトクラブ京都」を立ち上げています。
今年に入って「写真ワークショップ」を企画しています。

二年間かかって枠組みができたところで、あとは人が育つかどうかです。
これまでの見直しをして、縁切りをした人たちがいます。
誠意を無視され、反故にされ、利用されただけ、だから縁切りです。
でも、新しい枠組みの中で、新しい、素晴らしい、関係が生じています。
今年は、何人かの人と共同で、理想を語り合いたいと思うところです。
あまり具体的に書くのは遠慮しますが、よろしくお願いします、です。
なにもないところから始めることに興味を持たれたら、一緒にやりましょう!

フォトハウス表現塾のHP

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき190115

2019/01/15 15:39
画像

2019年1月15日、今日の日付です。
ここへ来るのも、今年になって初めてです。
沢山のブログを抱えて、何してるんやろ、と思っています。
今年は、フォトハウス表現塾、うまくいけばいいなぁ、と思う。
写真ワークショップをします。
昨年からの続きで、カフェ&プレスを実施します。
フォトクラブ京都も運営していきます。
Oさん、Hさん、旧知の三人がいて、その枠組みでうれしいです。
今年もよろしくお願いいたします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき181204

2018/12/04 09:37
画像


フェースブックの過去の記事で、思い出させてくれる記事がでてきます。
三年前には、表現大学に関係してた、二年前には関係を解いた。
そこから紆余曲折、今年に入ってフォトハウス表現塾を実現させた。
理想とする構造を描くのは、自分なりに、これまでにも描いてきました。
それらの総合として、大きな枠組みを関係づけて、できることからする。
二月に中澤さんに会って、ワールド・カフェなる器のことを教えてもらった。
カフェ&プレスの構想は、もう15年ほど前に描いた構造で、それの実現。

カフェ&プレスは認知度が低いというか、内容がよくわからない、という。
その都度の、集まったひとの興味による話題を出しあい語り合う。
運営がなかなか難しい、というのも参加者が成果を求めるからだ。
そこで9月からフォトクラブ京都を立ち上げた。
写真に特化して、巷の写真クラブと同じような方法で、現代写真を捉える。
世の中は難しく考えることで価値をつける風潮だが、そうではない。
意識を低位に置くのではなく、ピンを示す意識だ。

イングリッシュ・ワークショップを企画された石塚さんがとらえられた現実。
その現実からつくりあげられた新しいメソッドが、素晴らしいと思うところだ。
フォトハウスの生成と相似たところがあり、共感したので組むことにした。
既存の常識を破って、新しいドメインをイメージするメソッドだと思う。
やってみないと分からない、そこから始められる人が素晴らしい。
出来あがった器で価値ありという中に入ることは簡単だか、そうではない。
新しい価値を持つ器をつくっていける人、それがいま求められているところだ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

徒然にっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる