テーマ:徒然

徒然にっき190604

月に一回の記事アップになっているウエブリブログ、月一回の報告です。 載せた写真は、松原豊さんの写真展を見に行ったときのツーショットです。 ギャラリー176、豊中にある写真家たちの共同運営ギャラリーです。 ここ最近、大阪方面へ行ってなくて、ギャラリー訪問も久しぶりな感じです。 なにかと年寄りになって頑固になって扱いにくい人にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190407

平成から令和に元号が変わります。 天皇生存中に退位され新天皇が即位という歴史に立ち会っている。 立ち会っているといっても、そういう時代に生きているということ。 日本という国家があり、そこに生きているじぶんがいる。 日本語をしゃべり、固有の文化を体感し、考え行動している。 そういう制約のなかで自分という人格があることを視覚し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190310

3月10日、春らしい気候になっていますが、今日は雨です。 北野天満宮の真紅と名宝展へ行ってきました。 京都文化博物館で只今展覧会が行われているところです。 ぼくなんかは、氏子ではないですが、一番近い神社さんです。 子どものころから慣れ親しんできた神社さんです。 もう10年ほど前から、京都の写真集をネット上で作ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき190207

ここへは月に一回程度の書き込みで、細々とつないでおります。 ビッグローブはぼくが使っているNTTからネットに繋がる回線です。 自分の本音的なレベルで、書き込みをしているブログです。 たぶん、今どきでは、あまり利用されていないブログかも知れない。 ぼくは沢山のブログを作ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき181204

フェースブックの過去の記事で、思い出させてくれる記事がでてきます。 三年前には、表現大学に関係してた、二年前には関係を解いた。 そこから紆余曲折、今年に入ってフォトハウス表現塾を実現させた。 理想とする構造を描くのは、自分なりに、これまでにも描いてきました。 それらの総合として、大きな枠組みを関係づけて、できることからす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき181129

こんにちは、またまた月一回のペースになってしまいました。 お元気でいらっしゃいますか。 世の中めまぐるしくまわっている感じで目がまわりそう。 そういいながらも、ぼくはその世の中から遠くにきてしまった感です。 懐かしい人たち、会いたい、お話ししたい、そう思いながら名前を見ています。 紅葉の季節で、今年はスマートフォンで撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき181024

嵯峨、大覚寺の南にある円山古墳、ぐるっと回ると石があった。 多分石室の上だと思う、この下に石棺があるのではないか。 宮内庁の参考地との札があったから、それらしい、未発掘か。 嵯峨野古墳群と言われている地域を巡って、いくつが写真に撮った。 今年の夏前から、巡って、スマホのカメラで撮っています。 蛇塚、天塚、甲塚、狐塚、掲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-40-

此処へ来るのは久しぶり、お盆以来です。 9月1日(土)には「フォトクラブ京都」の創立例会をおこないました。 毎月第一土曜日の午後、例会を開催する予定です。 フォトクラブ、いわゆる写真愛好者が集まる写真倶楽部です。 難しいこと言葉で言っているばかりじゃなくて実践します。 写真を撮って作品にする、作品を見て批評する、この二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-39-

お盆の、大文字送り火の日、8月16日です。 気になっているんですが、ここは月に一回ペースですね。 フォトハウス表現塾への勧誘というかPRのためです。 お知らせとしては、今週土曜日、8月18日はカフェ&プレスです。 5回目になりますが、魅力がないのか、集まってきませんね。 こちらの思いは、相手に伝わらない、そんな感じです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-38-

先だって小学校の同窓会があって、出席させていただきました。 小学校、中学校、高等学校、それぞれに同窓会が開かれます。 クラス単位の同窓会を開いてる人たちもいるようだけど、不参加です。 同窓生で連絡を取って会うという奴は、いま、二人です。 ひとりは不定期に、ひとりは二か月に一回、事前に日を決めて、です。 そういうこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-37-

先ほどアップしたところうまくいかなかったので改めてアップします。 京都は金閣寺の北にある鏡石界隈の写真です。 昔、京都の地層がずれて、断層になった面が鏡のようになっていた。 そこから鏡石という地名がつけられた、といいます。 旧道で、ここを北へいくと、千束、鷹峯です。 日本海、若狭に抜ける街道となっていたといいます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-36-

今年に入って、このブログを休刊にしていましたが再開します。 ゴールデンウイーク直前となった今日は平成30年4月26日木曜日です。 世の中、国会も混沌としていて、ニュースで見ていて情けない気がします。 ぼくも国家公務員経験もあるし、官僚ではなかったが管理者の立場でした。 文書改ざんなんて、ことに至った内部のことがわかる気がしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-33-

フォトハウス表現研究所、フォトハウス表現塾。 表現塾には絵画、写真、映像、音楽、文章、五ジャンルの研究。 それらを統合して、文化としての枠組みを考える。 いくら文章で書いたり話したりしていても仕方がない。 それらをいかにして形にしていくかというのが問われるわけです。 たいしたことなんてできないけれど、その枠で提案だけは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-32-

紅葉の画像を貼り付けたけれど、貼り付けた画像は見えないままです。 このブログは、かなり前に作ったブログで、思い出深いブログです。 写真集、アルバムの作っているし、捨てがたいブログです。 なので、けっこう素直な気持ちで、本音的な文章を書いて、残しています。 随筆なんてほどに、文章を洗練させていなくて、書き捨てというところで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-31-

京都では70歳を越えた老人は市バスと地下鉄がほぼロハで乗れる。 そういう恩恵を受けて、バスを乗り継ぎ、地下鉄を乗り、して時間を過ごす。 たまたま二条城の前に来たので、降りて入場券売り場のところへ行った。 ロハで入場できると聞いたような気がするので見ると無料入場できる。 何年かぶりで二条城へ入った。 大政奉還から150年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-30-

おととい、土曜日、表現塾の撮影実習で撮影にでかけました。 当初、奈良方面へ行く予定でしたけれど、雨のため、場所を変更です。 大阪は、黒門市場へ、撮影できる場所として、選びました。 黒門市場へいくのは、今回で二回目です。 大阪を撮る、というテーマを再開しようかと思っていたところです。 でも、なかなか、足が重くて、とくにこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-29-

昨日も今日も雨、台風が近づいてきているというのです。 衆議院選挙、投票に行ってきました。 誰に、何党にいれたかは公表しませんが、投票しました。 じつは還暦の歳まで、選挙にはいきませんでした。 選挙にいくことは、今ある国を容認することだとの思いから。 でも、年金もらうようになって、国家があって自分があることを実感。 体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-28-

近くで工事をしているんでしょうね、ドリルの音が耳障り、騒音ですね。 アイチューンで、これは何だろう、シューベルトのピアノの曲ですね。 ドリルの音にかき消されてしまう感じで、ドリルが止まるとホッとします。 道路のアスファルトを割っているんでしょうかね、そんな音です。 いら立ってもしかたがないけれど、けっこういら立ってきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-27-

秋、今日は学区の運動会、朝から開会式に出席してきました。 地域のことに、若いころは無関心でしたが、年とるにつれ、そうではなくなってきました。 とはいっても進んで町役員をするとか、そこまでには至っていません。 何かに生きがいをみつける、そういうことで地域の人たちが役をされている。 ぼくには、地域ではない、もう少し広い領域で、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-26-

あんまり無理しないで気の向くままにできることをやろう。 こうしてじっとしてあたりを見回してみると、だれがいるんだろう。 ほんの数人の方が、気持ちの上でも、ぼくを支えてくれています。 これまで奉仕してきた様々な処で、ぼくは遠い存在になっています。 ひとえにこれはぼくの資質に拠るものだと思えてきます。 けっこう正義感は強い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-25-

徒然にっき、なんてタイトルは、どうみても日本的な気がします。 ここで日本的というと、国粋主義かと思ってしまうけど、そうではありません。 でも、トランプ氏がアメリカ主義なら、こちらは日本主義、とでもするか。 日本という枠組みにこだわってはいませんが、国家という単位があるから。 国家という単位を解消するなんてことは、いまは考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-24-

思うこと多いんですが、それを言葉に、なかなかできないです。 この年になって、懐疑心というか、疑い深い心理になってきます。 自分の言う事に対して、はたしてそれでいいのか、とかの疑問です。 他人様のことには、あんまりコメントしませんが、要は自分のことです。 表現塾をつくろうとして、そのコンセプトを探しているところです。 あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-23-

2017年8月2日、夏真っ盛り、暑い日になっています。 午後になって、外出するのも億劫になって、家にいます。 フィルムスキャンをして、ノートブックパソコンを開けたところです。 思うこと、多々ありますが、胸につかえたまま、書き出せずにいます。 あれから2年、二年前の出来事が、フェースブックで出てきました。 その人は写って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-22-

暑い日がやってきて、暑い日が去って行って、夏が終わる。 今年はまだ夏が始まったばかりなのに、暑さに負けてしまいそう。 もう70回を越えて、夏を迎える体験をしているわけです。 夏の思い出、カメラを持ったころ、内灘で弾薬庫の跡を撮った。 釜ヶ崎で、1979年と1980年、青空写真展をおこなった。 このように思いだすこといろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-21-

もう半世紀も以前の話になります、1966年、昭和41年の写真展。 京都写真サロン展が、京都大丸6Fホールで開かれた。 会期は6月28日から7月3日です。 主催は全日本写真連盟京都府本部と朝日新聞京都支局。 その入選者名簿を大八木元治さんから預からせてもらった。 京都の写真作品制作者の方々、存じ上げる名前がたくさん。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-20-

ここのブログもけっこう長いこと利用しています。 タイトルの「徒然にっき」は、兼好さんの「徒然草」をもじったもの。 その徒然草が起草されたのは双ヶ岡の山裾の草庵でした。 その場所は、いま小さなお寺になっていたと思うが、歴史を感じます。 掲載した写真は、先日、双ヶ岡に登って撮ったうちの一枚です。 自分の存在、意識のありよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-19-

かって白虎社で踊り子をしていた今さんが舞踏館で踊られている。 昨年、京都の烏丸三条あたりにオープンした旧家の土蔵が舞台とか。 その情報は知っていたけれど、公演を見る勇気がなかった。 ぼくは1980年から白虎社を取材していて、写真を35年間封印していた。 一昨年あたりから、フィルムスキャンしてアルバムやブログにのせています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-18-

今日はこの前文字さんと一緒に行った耳成山口神社の写真を使いました。 昨年からの宿題といえばいいのか、大和三山巡りの二番目です。 どうしてだか、写真の被写体に、旅気分で出かけた場所を撮ってみます。 それほどインパクトある写真でもないが、思い入れがでる写真ですね。 なにしてることか、自分で自分の行為を、理屈づけできないでいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-17-

写真の先輩大八木さんと撮影会した天神さんの縁日記念を張っておきます。 ぼくがカメラを持って写真を始めた最初のころに所属した光影会にいらした人。 もう八年も前だが、DOTで再会、それから光影会の例会と撮影会にいく。 光影会は京都シュピーゲルという名称が変更になった写真倶楽部でした。 いま思うと関西写真史のメインストリートではあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-16-

いま実名を使っているブログの数が20個ほどあるなかで、ここがメインだと思っています。でも、ここでは文章を、三段と決めていて、これがけっこう億劫になっています。作成するのに時間がかかる、ということもあるけれど、何を書こうかと迷うからです。写真だけのブログがけっこうあって、そこへも最近はアップできていないです。 欲を出しすぎている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more