テーマ:つれづれに

つれづれに-10-

ここのブログで書いた記事をフェースブックに載せようと思うと、ちょっと手間がかかる。この記事のアドレスをコピーして、フェースブックの投稿にコピーする。そうするとこの記事がフェースブックに連動される、ということになっています。記事を書いてフェースブックにシェアできる機能がついたブログもあります。連動させても写真が転載できないブログもあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-9-

今週の土曜日、2019年9月7日ですが、写真の話をします。ビジュアルアーツ専門学校が会場です。1980年代の京都の写真状況について、ぼくの記憶を語ります。まあ、総まとめの二時間にしようと思いますが、ぶっつけ本番です。パソコンの中でアルバムを開いたら、この写真がみつかりました。釜ヶ崎の三角公園で開催した写真展です。パネルにしているから、第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-8-

今年の反省をしとかなくちゃいけないな。 最悪だと思える一年だったと、朝から思っています。 一月の初めから、壊れていくことでしかなくて、一年が終わります。 こんな年、古希を迎えたという、身体的なこともあるのだろうけれど。 心的に、つらいことが続いたと思えます。 高揚していくときには阻まれ、袋小路に追い込まれ、フリーとなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-7-

文字清さんと飛鳥へ連れて行ってもらっています。 このまえ11月29日には天の香久山へ上ってきました。 それから藤原宮の発掘中のところ、そのあとは今井町へ。 古事記の世界ですが、ここまで来たかという感じですね。 命あるあいだに、神話の世界に触れだしてよかったと思う。 なにより、文字さんと、こうして同行できるのが、うれしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-6-

第九がパソコンのスピーカーから流れ出てきています。 聴き慣れた旋律、ベートーベンの最大の交響曲、12月に聴く。 音楽については、素人の部類だけど、ずっと聴いています。 とくにベートーベンというのは、相性がいいのか、よく聴きます。 なんだかんだといいながら、結局、ベートーベンに戻って来る。 偉大な作曲家だと、つくづく思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-5-

アメリカの大統領にトランプ氏が選ばれたというニュース。 時代が変わる、たぶん、世界の枠組みが少し変わるんじゃないか。 べつにトランプ氏でなくても、世界構造なんて少しずつ変化していく。 そういうものだけど、保守が大半だから、極度の変化を嫌います。 国際政治の世界だけじゃなくて、日常の在り方も変わる。 自分が変わらないと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-4-

時代が変わるということが実感できます。 別のブログ、イオブログが来年3月で終了となるとの告知。 表面世界は、ずんずんと変わっていきます。 iPhoneからアンドロイドに乗り換えたが、そこはグーグルです。 グーグルの勢力が拡大してきて、ネットではここにお世話になる。 そういえばコンビニだって、セブン、ローソン、それにファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-3-

2016.10.14、文字さんとキトラ古墳へ行き、そこから壺阪寺へ行き、写真はそこで撮ったもの。 この先、どうしたらいいのかと想いあぐねていたところでしたが、希望の星が見えてきた。 ギャラリー176の運営主体となっている友長氏と、昨日9/22、話をすることができました。 彼はIMIで学ばれたメンバーで、そのクオリティーをイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-2-

2016年10月13日、これが本日の日付、この先、どうしようかと。 昨日、iPhoneをやめて、別のにしました、あんまり変わらないな。 これで写真を撮るのをやめようと思うが、インスタグラムを使った。 写真集で風景論を発行していたが、中断することにした。 8号まで発行したけれど、止めろと言われて、止めようと思う。 この先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-1-

新しいシリーズでタイトルは「つれづれに」です。 写真は最新のモノを使おうと思ってます。 文章は、そのつど、思うことを書き記していこうと思います。 かなり本音で、そのとき直面している気持ちを記していきたい。 というのも、内面の記録として残しておきたいとおもうからです。 もうええかっこなんてしていても空しいばかりでしやない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々160909

ここでは本音でこころの内を書き記しておくのがいいのかも知れない。 先週から今週にかけて、身の振り方が大きく変わってきたと思ってる。 図書館、表現大学からの、身の引き方、ということです。 そこでの講師として認められないのは辛い気持ちがまずある。 自分では自負があり、写真表現についての新しい見解もある。 それに基づいて、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに160419

季節は春、今朝は雲一つない青空、少し寒いです。 灯油ストーブ、めんどいからやめようと思ってたけど、使っています。 音楽はベートーベン、交響曲、フルトベングラー指揮の第三番、英雄、エロイカ。 1953年に録音されたと記されているから60数年前ですか。 iTunes、アイチュンって言えばいいのか、パソコンで聴くプレーヤーで聴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに160322

春の暖かさにともなって、心が浮いてくる感じがします。このまえ書いた文章がちょっと気に入ってなくて、四苦八苦なんて、あんまり考えないほうがいいな、と思っているところです。話は全くかわって、いま、パソコンにキーボードで入力しているんですけど、立ち上がりが遅い。微妙にサクサク感がない。そんなことで、気がそぐれてしまいます。ウインドウズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに160307

生きるってことが四苦八苦というじゃありませんか。そのうちの四苦というのは生老病死というじゃありませんか。それに追加の四苦があって八苦となる、と辞典に書かれているんですね。ウイキペディアによると<四苦八苦(しくはっく)とは、仏教における苦の分類。 苦とは、「苦しみ」のことではなく「思うようにならない」ことを意味する。根本的な苦を生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに160224

モーツアルトってひとは、素晴らしい感性を持っていたんですね。いま、パソコンのなかで処理されたデジタルデーターが、スピーカーから流れ出てきていて、ぼくはうっとり、聴き惚れながら、思い立ってこのブログの、この画面をひろげて、ぼくの心情を書きあらわそうとしているところです。伝わらないな、ぼくの気持ち。言葉で、文字で書き起こしても、心情、気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more