徒然にっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 徒然にっき-3-

<<   作成日時 : 2017/01/14 09:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

土曜日の朝、もたもたと、午前中の時間、なにをしておこうかと、迷う。
結局、ここへ来て、徒然にっき、を書こうと思って、書き出したところ。
これまでの、気になることが、ちらちらと脳裏にきらめいてきます。
でも、それらの光景を紐解いて、記述していくことは、ここではできない。
この文章は公開しています。
なにもかも公開できるほど、単純な生き方をしていないから、秘密。
秘密は持たない方がいいと思うけれど、誰にも言えないことも多々。

最近は、神社と仏閣、人を撮らないで、構築物や仏像などを撮っている。
その場にいたという存在証明みたいな、其処を訪れたというような。
その行動の行為が、意味をもってくるような、作品とならないか。
漱石の門という小説があるけど、仏閣の山門の前に立つとき思い出す。
迷い人、門を見上げて何を思うや、この門を開けたら、何があるのか。
迷うを晴らす世界があるなら、開いてみるのも意味があるかも。
古希を過ぎ、ますます迷いが生じてきているを自覚します。

今日掲載の写真は、これまでにも方々で載せた写真です。
釘抜地蔵尊の太子堂の仏像、真ん中の仏像、誰だかわからない。
阿弥陀如来、そう思っていたけど、違うみたい、札に書いてあったけど。
太子堂というから弘法大師、空海、そのひとが此処を訪れて、開いた。
そういうことで、太子堂があり、仏像の前に座ってるのが、弘法太子か。
石像寺という浄土宗のお寺、庶民信仰、京都は千本上立売にある。
自分が生まれ育った地域だから、もう少し掘り下げて、見てもいいのかも。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
徒然にっき-3- 徒然にっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる