アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
徒然にっき
ブログ紹介
中川繁夫のホームページです

中川繁夫のアルバムです kyoto 2009年10月〜2010年12月
アルバム<京都光景>-01-です  アルバム<京都光景>-02-です
アルバム<京都光景>-03-です  アルバム<京都光景>-04-です
アルバム<京都光景>-05-です  アルバム<京都光景>-06-です
アルバム<京都光景>-07-です  アルバム<京都光景>-08-です
アルバム<京都光景>-09-です  アルバム<京都光景>-10-です
アルバム<京都光景>-11-です  アルバム<京都光景>-12-です


プロフィルページへ
zoom RSS

徒然にっき-15-

2017/04/01 17:39
画像

今日は4月1日、エイプリルフールといっても嘘が書けない。
嘘が書けないという嘘をついて、本当を装っている気がします。
もう年をここまで取ってしまうと、本当と嘘が区別できないと思ってしまう。
まあ、だいたい、嘘ばっかりというのが世の中みたいな気がします。
嘘で塗り絡めて張りぼてにして、あたかも本当のようにふるまう。
哀しいけれど、そんな人をたくさん見てしまいます。
じゃあ、自分はどうだと問われて、自分は違うなんて言えない。

人間って、自分を正当化しようと思うんですね。
まんざら嘘ではないとしても誇張して人より優位に立とうとする。
なんだか駆け引きの世界で、ほかのことがよく見えて、けなしたくなる。
まあ、まだまだ俗人であることを、思い知ります。
でもこのままじゃ、終わるに終われないじゃないですか。
あまりにも自分がみじめに思えてくるじゃないですか。
だまされたとは思っていないけど、それによく似たことだと思うのです。

久しぶりに嵯峨野の野々宮界隈へ行って写真を撮りました、
われながら、何してるんやろ、と思いながらのスナップです。
そもそものその行為が一体何なのかということも考えてしまうんです。
いやはや矛盾だらけ、説明がつかない、そうしたことか。
文字さんと、いろいろ話をしていると、自分の思い込みが正しくないとも思う。
何が正しくて、何が虚偽なのか、それは本人だけが知ることなのです。
なにかしら、うんざりしてしまう今日この頃です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき-14-

2017/03/18 09:20
画像

フォトハウス写真研究会なるものを立ち上げようとして動いています。
ここ数日はそのことで時間を費やしているなぁ、といま思います。
4月9日の日曜日が創立の研究会開催、箕面のスペースです。
紆余曲折といえば紆余曲折です。
可能性を求めて、組み合わさってきて、ここにいます。
個人の名前は控えますが、旧知の彼には、背中を押してもらえた。
京都、大阪、神戸、紆余曲折、立ち上げは箕面に行きつきました。

あらためて、これまでの経験値を総合して、場つくりをします。
フォトハウスの前には釜ヶ崎で季刊誌を「季刊釜ヶ崎」を編集。
そのころに「映像情報」を編集、東松照明さんと巡り合う。
東松さんとのセッションから「フォトハウス」の構想が生まれてきます。
1984年、フォトハウス立ち上げ、フォトワークショップを開催します。
もうひとつの流れは写真図書館につながる流れでした。
その後、京都写真学校を岡田さんと共同で、10年やりました。

結局、人との関係の中で作ってきたシステムでした。
この、人との関係ということをベースに置いて、作っていきます。
なによりも有名になることではなくて、自分への満足、でしょうか。
生きている喜びの実感みたいな、それが体感できるシステムです。
総合文化研究、むくむく通信社、アグリネット、それらの総合態です。
ぼくに残された時間は10年と想定しています。
悪夢委から覚めた感じで、がんばっていきたいと思っています。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき-13-

2017/03/11 16:51
画像

それは昨日2017.3.10のことでした、写真に写っている稲垣氏と一緒でした。
強制代執行の違法性を求めての裁判に行ったところですが、このバス。
修理に出すというので西淀川区のふそーの工場へ持っていくのにつきあった。
西淀川郵便局がありマクドナルドがありました。
もう二十年以上も前になる、ここで退職したのでしたが。
その時のことが、いっきに思い出されてきて、良も悪くも混在でしたが。
思い出とは、思い出を思い起こすとは、こういうことなのだと思った。

裏が読めるというのは、その当時に養った知見と経験なのかも知れない。
官民癒着の構造が、たぶん、この小学校開校の背景にあると思う。
そんなことに近いこと、そこで見てきたような気がしています。
まあ、そんなこと、どうでもいいけど、善良な市民をだましちゃいけないな。
一気にきな臭い様態が浮上してきているように思えます。
写真研究会を立ち上げます、意地でここまで来た感じがしています。
最後の企画かも知れないと思って、慎重に進めていきたいところです。

なんだろうね、釜ヶ崎というところに関わる自分のことですが。
一番底辺な場所として、これは経済の枠組みにおいて、虐げられる立場。
そこに関わったという自分の資質について、なんなんだろうな、と思う。
家庭的に庶民として底辺に生きていたことが、そこへ傾斜した理由であろうか。
反体制の側に立った自分のことを追憶していっても、明確でない。
生まれ育った土地柄というのがあるのかもしれない。
生まれ育った環境が、西陣の端の異端者的立場に置かれていた感覚なのかも。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき-12-

2017/03/02 07:11
画像

その先が、まだ無限にあるようにも感じていた日々があった。
それが今、過ぎてきた年月がすでに九割くらいで残り一割。
具体的に書くと、産まれて70年が過ぎて、残りはあと10年だと。
うろたえます、切羽詰まり感、どうしたらいいのか、うろたえる。
肝っ玉小さいな、つくづく実感、迫力ないよな、自分の生き方。
昨夜、稲垣氏に接していて、彼は強がりだから、折れるなよ、と。
ぽきっと折れそうな気がするから、お互いに、気をつけよう、と。

気をつけるといっても、どうしたらいいのか、わからない。
あのお別れから一年、その方が共にいた処から離れて半年。
つぎの場つくりに、気持ちが乗ってきたところだと思える。
ひとは、このことを、立ち直り、甦りだ、というと思うんだ。
かまやつがなくなった、とラジオでいま言っている、78才だとか。
最近、死亡ニュースが奇妙に気に引っかかる。
でも、まだ、自分の時に置き換えることが、実感できない。

この歳になると、たいがい病を抱えている奴が多い。
ぼくの近辺で、親しくしている文字さん、稲垣さん。
自分は精神の病かも知れない、とおもうところです。
物心ついたころからの寂しさ気持ちが再燃している。
でも、たかが、知れてる、まだまだ、これから、ひと踏ん張り。
自分を信じて、信じた道を、進めていく、これでいくしかない。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき-11-

2017/02/25 11:35
画像

二月は逃げるという諺がありますね。
2月というのは、やっぱり過ぎるのが早い。
もう、今日は25日、天神さん、梅花祭ですね。
午後から天神さんへ行ってみようかとも思います。
梅花祭は幕が張られて外から内部が見えません。
千円いくらか払って入ると、上七軒の芸子さんがお茶接待。
ぼくは、お金を払わないから、見れません。

なんでも金のいることばかりで、これには反発しています。
結局この世は金次第、お金があれば何でもできる。
こういう風潮を払拭して、金がなくてもなんかできる。
まあ、お金がない、いや全くないわけではないけど、無い。
昨日は、釜ヶ崎労働者の裁判、仕事先で暴行された訴えでした。
高等裁判所で、控訴審、相手方が控訴してきて、次回、判決とか。
弱い者が勝つ、とは限らなくて、強い者が勝つ、これが風潮ですが。

フォトハウス写真研究会という名称で、次の展開を図ろうと思っています。
思ってみれば、枠組みがないから枠組みを作っていくということ。
でもこれは類似の枠組みがあって、そのなかみをどうするか、ですね。
自分では正しいと思うことが、一般ではそうでないことがままあります。
フォトハウスの企画も、そういうことかも知れないと思うけど、そうではない。
なにかクリエイティブなことやっていないといけない性格なのか。
でも、もう、最後だろうな、と思う事ばかりだけど、恍惚と不安と、なんて。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき-10-

2017/02/18 10:13
画像


人生やり直ししたい、ほぼ本気でこのフレーズが言葉になって出てきてる。
やり直しができたら、もっともっとやりたいこと楽しいことを、思う存分やりたい。
おとといだったか、嵯峨へ行こうと思って、行ってみて、嵯峨天皇陵に登った。
そんなに山の上にあるとは思っていなかったから、登り始めたのだったが。
このまえに大覚寺の周辺まで行って、名古曽の瀧跡って石組みを見てきた。
その延長上で、今回の天皇陵行きになったのだと思う。
嵯峨を訪れるのは昨秋から数えて三度目だ。

そこには人生やり直ししたい原点のところがあるように思えるのだ。
最近どこかで書いたけど、嵯峨名古曽町という地名についての記憶からだ。
ことの発端は、この地名にあって、そこはある人が住んでいた場所だと聞いた。
長澤氏との話で、FJの話題から、名古曽はFJではなくて嵯峨天皇の住居だと聞いた。
そうかそうかと納得したところで、最近になって、現地を見に行った。
嵯峨名古曽町は半世紀前、夜に、一度行ったところで、地名だけ記憶にあった。
17歳のときですね、高校二年生の冬になっていたかと思う。

FJというのは文芸部にいた女子のうちのひとり、なにかしら訳ありなような子でした。
嵯峨野高校だったから、広沢の池から大沢の池、嵯峨の方へはよく行ったものだ。
広沢の池でボートに乗ったり、山へのぼったり、ああ、青春そのものだ。
そのへんから人生やり直せれば、現実に過ごしてきた人生なんて歩まない。
前向いて、時間が過ぎる向こうを見て、走ってきたけど、いま立ち止まる。
立ち止まったところは、もう、行き詰まりのどんつき、行き止まり、そこにある。
これかもしれない、鬱的症状の原因、どんつまりであることを悟るからだろうか。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然にっき-9-

2017/02/13 13:12
画像


まるで崩壊感覚です。
寒い日、ガラス戸がガタガタと音をたてています。
どうしたことか、虚しいような寂しいような老人性鬱なのか。
小説をいくつか書いているけれど、慰めみたいなものです。
あなたは、いま、なにを思い、なにをしようとしているのですか。
もう糸が切れてしまったから、お会いすることもないんでしょうね。
冬、寒い日、日曜美術館で長谷川等伯の足跡をやっていました。

堕落論、文庫本、手元に置いていますが、読めません。
パソコンの中身、整理しようと思うけど、なかなか進めません。
身の周りの書類とか、書籍とか、持ち物の整理、これも進まない。
袋に詰めてゴミに出す、少しは減っても、捨てきれないものばかり。
この先、どうしようかと思うところ、部屋の中、記憶ばかりです。
記憶がなくなったら、もうおしまいだとは思うけど、なにを頼りに生きるのか。
路上生活者のことテレビに映っていたけど、虚しいね、その光景。

流動的に、なるようにしかならないのだから、成り行き任せです。
そうすると何もことが運ばないのだけれど、自然の理で、運ぶ時は運ぶ。
そう思って、無理には走らせることもないのかも知れない。
このことが虚しい気持ちにさせてくるのかも知れません。
中学の同窓会、その打ち合わせに行った。
それぞれに人生を背負ってきて、いま、ここに、いる、感じですね。
遠い昔、とはいっても生きた時間の中の昔、思い出しながらの小説です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

徒然にっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる