テーマ:日常

つれづれに-8-

今年の反省をしとかなくちゃいけないな。 最悪だと思える一年だったと、朝から思っています。 一月の初めから、壊れていくことでしかなくて、一年が終わります。 こんな年、古希を迎えたという、身体的なこともあるのだろうけれど。 心的に、つらいことが続いたと思えます。 高揚していくときには阻まれ、袋小路に追い込まれ、フリーとなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々160627

梅雨の晴れ間というか、青空、空気がすがすがしい感じがします。 気持ちがいい、からだが抜けていくような、素直な快感を味わう。 パソコンのやりすぎでしょう、目が重い、かすむ、頭がもやっとする。 水上勉さんが表された文庫本の「土を食う日々」を取りだしてみた。 山野草などを採りに行って料理する、という内容の本です。 もう10年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々160621

朝から自分の立ち位置がわからない感覚になっているようなのです。 なにから手をつけたらいいのか、呆然と立ち尽くす、といった感です。 「言語にとって美とはなにか」という本を取りだし開けてみる。 自然主義と浪漫主義の意味、なんていう節があって拾い読みする。 1965年、昭和40年発行、吉本隆明の名著、読み込めてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々160610

先だってから気になっていた作家と本と著者のこと。 朝から書棚の奥をさがして見つけた本が「湖の伝説」。 著者は梅原猛さんというか先生というか、梅原猛先生。 1977年1月の刊行で、達栄作さんから妻宛に頂いた本です。 日本画家三橋節子さんがガン、子供を残し35才でなくなられた。 その三橋節子さんの、伝記というか壮絶な生への闘い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々160608

写真とは関係ないですが日曜日から火曜日まで金沢行きでした。 金沢へ行くようになって、かれこれ20年以上が過ぎました。 もう、まるで、自分の生活空間の一部となっている感じです。 最近は、行きに一日、帰りに一日、中一日が金沢在住です。 自家用車で移動するのですが、最近は目が疲れるんです。 日常的にパソコン、カメラ、などなど目神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに160426

京都の街が観光客であふれている。と思いしや、京都だけではなくて、大阪も、東京も、金沢も、各地で観光客が多いのです。悪いことではない、良いことの部類だと思います。観光ブームにわく京都。それだけじゃない、北陸新幹線が昨年開通したというので、金沢が大賑わいになっています。新幹線に乗るにはそれ相応のお金がかかるわけだけど、そんなもの、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記-3-

アイフォンを持って散歩に出て写真を撮る。 けっきょく、京都シリーズの反復みたいになった。 平野神社へ到着して、境内にはいり、写真を撮った。 ストレート写真ではなくて、色変換などその場で施しアップだ。 Instagram、Flickr、それにPicasaと三つのアルバムがあります。 同時に、Twitter、Faceb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記-2-

気持が、ようやく落ち着いてきた気がします。 ここ数週間の落ち込みはなんだったんだろう、と思うくらい。 ベートーベンの運命第二楽章が聴こえています。 淡々と、淡々と、時間がながれて、イメージがちらつきます。 今日は雨、午後には上がるみたいだから、外出は午後だ。 お金を出しに行って、ガソリン入れて、灯油を買って、冬準備。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記-1-

ただ淡々と生きていくにはどうしたらいいか、なんて言葉が、突然起こってきて、ここに記したわけですが、残された年月を、そのように生きたいと言葉の上でが書いてみても、本心は、決してそうではなくて、もっと世の中とリンクしたいと思うわけです。 食欲が旺盛、とはいってもひところの食べ方からみれば、かなり小食になってきています。とはいっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リニューアル

何年間かかけて貯めた記事を削除しました。 あらためてリニューアル、ぼちぼち作りあげていきます。 よろしくお願いします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more