テーマ:徒然日記

徒然にっき-35-

2017年の12月30日です。 今年、自分のまわりに、なにがあったのか、を振り返る。 毎年恒例になっている反省と来年への展望、というところです。 成果もあれば、じくちたる思いを抱いたこともたびたびでした。 だれかのせいにするのは簡単ですが、それは空しいからやらない。 自分の、何が、いたらなかったのか、ということが必要な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-34-

11月23日に撮った写真がコンパクトデジカメで撮った最後です。 いつも持ち歩いているけれど、スマホで撮ることで、済ませているなぁ。 スマホでインスタグラムに載せる、そこからアメバ、ツイッター、フェースブック。 最新の発信ツールを使っているといえば、年の割にはかっこいいけど。 でも、フェースブックで、いいね、なんてほとんどこな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然にっき-1-

西暦2017年、平成29年、歳の初め、今日は元旦です。 あれこれ、昨年は50数年ぶり、心の災難だったと思っています。 今年は、これまであった関係を終えて、新しい関係を創りたい。 もう、あと10年くらいしか時間がない、との思いがあります。 年齢70を越えてしまった自分がいます。 周辺大方の男子、その寿命が80歳前半のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-7-

文字清さんと飛鳥へ連れて行ってもらっています。 このまえ11月29日には天の香久山へ上ってきました。 それから藤原宮の発掘中のところ、そのあとは今井町へ。 古事記の世界ですが、ここまで来たかという感じですね。 命あるあいだに、神話の世界に触れだしてよかったと思う。 なにより、文字さんと、こうして同行できるのが、うれしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-6-

第九がパソコンのスピーカーから流れ出てきています。 聴き慣れた旋律、ベートーベンの最大の交響曲、12月に聴く。 音楽については、素人の部類だけど、ずっと聴いています。 とくにベートーベンというのは、相性がいいのか、よく聴きます。 なんだかんだといいながら、結局、ベートーベンに戻って来る。 偉大な作曲家だと、つくづく思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-5-

アメリカの大統領にトランプ氏が選ばれたというニュース。 時代が変わる、たぶん、世界の枠組みが少し変わるんじゃないか。 べつにトランプ氏でなくても、世界構造なんて少しずつ変化していく。 そういうものだけど、保守が大半だから、極度の変化を嫌います。 国際政治の世界だけじゃなくて、日常の在り方も変わる。 自分が変わらないと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-4-

時代が変わるということが実感できます。 別のブログ、イオブログが来年3月で終了となるとの告知。 表面世界は、ずんずんと変わっていきます。 iPhoneからアンドロイドに乗り換えたが、そこはグーグルです。 グーグルの勢力が拡大してきて、ネットではここにお世話になる。 そういえばコンビニだって、セブン、ローソン、それにファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに160402

怨念というか、縁というか、人間の情にまつわる話です。 人と人との関係について、とくに恋愛というジャンルですが。 ここで気になることは、恋愛ということで括られる情の交感のことです。 写真は縁切り縁結びをうたう穴です。 あっちへくぐって行って縁を切り、こっちへくぐってきて縁結び、だとか。 なんかしら、人間の情という代物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに160224

モーツアルトってひとは、素晴らしい感性を持っていたんですね。いま、パソコンのなかで処理されたデジタルデーターが、スピーカーから流れ出てきていて、ぼくはうっとり、聴き惚れながら、思い立ってこのブログの、この画面をひろげて、ぼくの心情を書きあらわそうとしているところです。伝わらないな、ぼくの気持ち。言葉で、文字で書き起こしても、心情、気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに160216

この10年ほど、匿名で小説書きをしてきて、それなりに初期の目的も達成されたか、と。それらはぼく自身の、ネット時代の文学論の一環として書いてきたものでした。純文学ではない、大衆文学ではない、春画をもじって春小説、例えばプルーストのような。紀貫之がやったような、女性が春小説をかいていくことで、作家という人格を創ってみよう。そんなこん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに160210

今年70歳になる、なんて思うと、ただ事ではないという気持ちになる。 過去が膨大にありすぎて、未来が少ししかない、切羽詰まり感ですかね。 大きな壁にぶつかって、まるで防火扉みたいに重たい感覚です。 なのに女子を好きになってしまう感覚が衰えないんですね。 これ、この感覚は、この年になっての発見といってよいです。 いや、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに160119

タイトルに日付をいれることにしました。 写真は、なか卯の朝ご飯セット、250円です。 今年になって2回も食べに生きました。 朝食だから、朝です。 ひところ200円だったのに、値上がりしたんです250円に。 目玉焼きとわかめの味噌汁、それに味付けのりがついています。 この日は、サービス券で小うどんがついてきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-6-

五輪真弓、いま、スピーカーからその歌声が流れてきています。 なつかしい、なんだろ? よく聴いた、1980年ごろ、まだレコードでした。 30年ぶり、一気に記憶がその時代へ、引き戻されます。 朝に、稲垣さんから電話があって、福島みずほさんが釜へ来る。 来るから写真取材できないか、との話があって、躊躇したが行くことに。 写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-5-

新年、あけましておめでとうございます。 という挨拶を、誰にするというのか、あまり挨拶しませんね。 ここら辺、ブログの書き出しに使ったり、慣用語ですね。 ハイドンの交響曲をかけ出しました、珍しいでしょ? いつもはベートーベンの交響曲が多いけど、たまに違うの聴きます。 チャイコフスキーの交響曲を少し聴いて、ハイドンへやってきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-4-

大晦日になりました、暖かい日、晴れています。 朝から、ピアノの周りを掃除しているところです。 手を動かしていると、頭の中は別のことを考えています。 もう半世紀以上も前になるのか、高校一年生の時の大晦日。 なんだったんでしょうね、自転車に乗って、夜の道を走っていました。 ゆっくり、ゆっくり、太秦とか嵐山の近くとか、高校が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-3-

年末になりました、今日は25日、クリスマス、それに天神さんの日。 もたもたと、家の中で、過ごしています。 音楽は、ただいまベートーベンの運命、第五番です。 聴き慣れた、懐かしい、10代の頃のことがよみがえります。 メールを送り返そうか、どうしょうか、迷っているところです。 今年は、いろいろ、変化があった年でした。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-2-

パソコン環境を新しくしています。 もう5年前に入れたパソコンを最新にするためです。 それからアイフォンを購入して使っています。 なんだか、道具類を最新にするだけで、自分が変わる。 iPhoneを掌にして電車のなかで写真を撮って、SNSにアップ。 そのライブ感に、新しい時代を感じます。 ちょうどいい機会でした。 アル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれに-1-

金沢の奥の二俣というところに「いわな茶屋」という料理屋があります。 山の魚イワナを養殖されていて、それを料理して食べさせてもらえる。 もう20年以上も前に、とおちゃんに連れていってもらって以来、行きました。 以前は小屋茶屋というイメージでしたが、立派な造りになっていました。 最初にイワナの刺身が大皿に並べられて出てきまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more