徒然にっき190822

120yama190816007.JPG

夏が終わっていく感覚で、虚しさがこみあがります。
ある種、病的に、ペシミストの側面があると思っています。
時折、この病が襲ってきて、自分自身が立ち行かなくなるのです。
けっこう本質的なところだと思われて、何も手がつかなくなる。
いいえ、いまに始まったことではなくて、けっこう若い時からです。
病名としては境界例とかいうことらしいんですが、定かではありません。

今日は定期診断に行ってきたところですが、これは肉体の健康検査です。
清凉寺の横に嵯峨野病院がありますが、高校の時には、気になりました。
診察を受けてみようかと、なんども一人悩んだことを思い出します。
最近も、清凉寺へいったときには、その前を通ってしまいます。
病棟が、見えていて、そこは、精神病棟だと、聞いていたことがあります。
無性に、虚しく、淋しく、その感覚がよみがえってきているのです。

いやはや、この三年に発起してきた構想が、崩れていく感覚です。
もう、再起させるには、体力が、気力が、ないなぁ、と思っています。
微妙に揺れ動く心理ですが、頼みの綱が切れていく感じがしているんです。
なんだろう、ショパンのピアノ曲が、こころに沁みてきますね、バラードです。
パソコンを新しいのにして、新しいソフトにも、大分慣れてきたところです。
掲載の写真、少しアレンジしてみたけれど、なんか陰気な感じがしますね。


おはようございます!

_20190818_161150.JPG

中学のとき、清滝で飯盒炊爨(はんごうすいさん)いくときに知った落柿舎。
向井去来、松尾芭蕉の門下生ですかね、この去来というひとが棲んでいた庵。
昨日、嵐山からここまで足を延ばして、スマホでワンカット、いただきました。
昔、ここが目印で、ここから鳥居本、清滝まで歩いて、河原で飯盒炊爨。
吹奏楽部のメンバーで、グループになって、すき焼きをしましたね。
1960年ごろですから、60年ほども前の話ですかぁ、いまや歴史ですね。

文学は、散文へと興味が移っていって、小説を書こうと思うようになった。
その最初のころは、俳句、近代詩、詩集を作ったのは17歳、高校二年生。
なんだか、人生っていうか、人の一生なんて、短いな、と思ってしまいます。
もういくつの夏を迎えて、終えられるのだろうかと、年よりじみて思います。
世間では年寄り扱い、自分ではそうは思わないけれど、そういう範疇にいます。
一区切りして、もう一回チャンスをもらって、がんばっていこうと思います。


徒然にっき190814

_20190814_180421 (1).JPG
お盆、地蔵盆、数珠回し、この町内、子供たちが多くなった。
今年は、明日に台風が来るというので、一日だけの地蔵盆。
のんびり、娘が来てくれて、墓参りするというのです。
お寺へ参って、線香をあげて、はま寿司へ行った。
お盆は、なにかと、のんびりしようと思うところです。


徒然にっき190813

120kyoto190809015.JPG

暑い、疲れる、それだけで、体力、消耗します。
立命館宇治、敗退、相手は星稜、しやないね。
今年もまた、夏の芥川賞作品が載った文春を買った。
写真は、仏前のお供え、この真ん中のを買って供えた。
ワードで文書を作って印刷した。
写真研究会のレジメです。
小説は書けなかったので写真をアップしました。

以上、ここまで。

徒然にっき190812

_20190812_151503.JPG

お盆、お寺へいって、墓掃除とお金を渡してきました。
お墓の写真を載せるのもなんなので、お寺の境内にある松と等伯の像。
このお寺は、なかなか有名なお寺のようで、等伯の涅槃図を所有してる。
ぼくの名前の入ったお墓があって、ぼくは長男だから、墓守をする役。
いまどき、そんな時代じゃないというけれど、ぼくはこの点、保守派です。

人の縁というのも、縁ある人と縁ない人と、川の流れのようなものですかね。
来る人は来る、来ない人は来ない、このように割り切ろうと思う。
縁ある人時は来るし、来ない人は縁がないということにしようと思う。
人との関係とは、持ちつ持たれつ、道理のない人には、腹立つけれど、です。
たぶん、ぼくも、そういうことをして、渡ってきたんだと思う、反省です。

話の場研究室と名付けられた集まりにいきました。
旗振り役はYONEDAさん、基本、根本をとらえようとする試みです。
共同でなにかできないか、と昨日には、話を出させていただいた。
現代表現研究所の名で、ワークショップを開催したい、という話です。
そのインストラクターにTAKIIさんには絵画、YONEDAさんにはセオリーです。

徒然にっき190811

_20190809_152512.JPG

暑い、昨日の京都は気温38度をこえていたという報道です。
とにかく暑い、いま、まだ午前中ですが、外に出ると暑い。
部屋にクーラーを入れて、作業しているけれど、体力消耗しますね。
今日は、日曜日、YONEDAさんのとこのミーティングに参加します。
正確な名称が、出てこないのでアバウトですみません。

現代表現研究所を主宰しているど、コラボできないかなぁ。
ぼく自身にとっての、新しい枠組みを作る方策です。
みんな、若い世代だから、高齢のぼくなんかは、縁遠いのかも。
いろいろと思うけど、なるようにしかならない、そう思います。
ワークショップ開催の模索、五つのジャンルのワークショップです。

さて、お盆のさなかは、千本釈迦堂、本殿へ上れるので上がりました。
毎年、この光景を拝んで、写真に撮らせてもらって、夢幻舞台にします。
千本えんま堂、千本釈迦堂、まだまだ行事が続きますが、あとは地蔵盆です。
昨日はギャラリー176へ、HORIUTIさんと今後の構想のこと、話をしました。
この三年間の出来事を共有してきたから、これからもしていきます。

徒然にっき190809

_20190809_151557.JPG

8月9日、長崎に原爆が投下された日、11時2分だといいます。
広島といい、長崎といい、二か所に原爆投下があった国、日本です。
核兵器全廃に向けて、やっぱり世界の先頭に立つべき国だと思うんです。
74年が経って、悲劇が繰り返されるかも、なんて思うと胸が痛みます。
写真は、京都、千本えんま堂、お盆のお迎え行事が始まっています。

連日、暑い日が続く京都市内、最高気温38度を超えているんですね。
体力の消耗を意識してしまいます。
歯が疼いて、歯医者さんに行きました。
もう高齢だから、腰痛にも見舞われてしまいました。
ちょっと一区切りかなぁ、この先、どうしようかなぁ、と思っています。