自分史-13-

_20200508_210135.jpg

ほんとうはブックカバーチャレンジの最初の一冊なのですが、ここでは2回目のされどわれらが日々ーから連載したので、あらためてこの万葉集を載せます。万葉集についての知識がそれほどあるわけではありません。文章を書こうとおもって、いま、パソコンの前にいますが、言葉がでてきません。ウイキペディアで検索しながら、コピペしていけば文章になるとは思うけど、なるべくそれはしたくなくて、自分の知識で文章にしていきたいと思うのです。

すでに手元には、写真や現代美術関連の書籍はほとんどありません。このまえにはギャラリー176とそのビルに企画されているギャラリーのために持って行ってもらいました。あと文学関係で、ぼくの勉強のかなり前に手元に置いた資料としての本が残っています。それと2000年前後に読み漁った小説やらの文庫本、新書本、それらの一部が残っているだけです。太宰治全集と堀辰雄全集は手元にあります。漱石全集、谷崎全集、アートワークスなどは、メディア図書館へ持って行っています。ここで、これからは資料なしのまま、駄文をつらねていこうと思っています。

大島貴代さんから引き継ぎのブックカバーチャレンジの一回目は万葉集にしました。高校時代に伊藤博先生がいらした。万葉集研究の先生で文芸部の顧問でした。この本は当時に買ったもの1963年。昨年、令和の年号が万葉集のなかにあるとゆうので、探して、見つけて、驚きました。あまり万葉集は深く読んではいません。現在ぼくの手元にある文庫本では一番古い本かも、文庫本の詩集などはもう廃棄してしまいましたから。でもこれは残っていました。今いる自分に影響している本をあと6冊選んでいきます。よろしくです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0