徒然にっき190822

120yama190816007.JPG

夏が終わっていく感覚で、虚しさがこみあがります。
ある種、病的に、ペシミストの側面があると思っています。
時折、この病が襲ってきて、自分自身が立ち行かなくなるのです。
けっこう本質的なところだと思われて、何も手がつかなくなる。
いいえ、いまに始まったことではなくて、けっこう若い時からです。
病名としては境界例とかいうことらしいんですが、定かではありません。

今日は定期診断に行ってきたところですが、これは肉体の健康検査です。
清凉寺の横に嵯峨野病院がありますが、高校の時には、気になりました。
診察を受けてみようかと、なんども一人悩んだことを思い出します。
最近も、清凉寺へいったときには、その前を通ってしまいます。
病棟が、見えていて、そこは、精神病棟だと、聞いていたことがあります。
無性に、虚しく、淋しく、その感覚がよみがえってきているのです。

いやはや、この三年に発起してきた構想が、崩れていく感覚です。
もう、再起させるには、体力が、気力が、ないなぁ、と思っています。
微妙に揺れ動く心理ですが、頼みの綱が切れていく感じがしているんです。
なんだろう、ショパンのピアノ曲が、こころに沁みてきますね、バラードです。
パソコンを新しいのにして、新しいソフトにも、大分慣れてきたところです。
掲載の写真、少しアレンジしてみたけれど、なんか陰気な感じがしますね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0