おはようございます!

_20190818_161150.JPG

中学のとき、清滝で飯盒炊爨(はんごうすいさん)いくときに知った落柿舎。
向井去来、松尾芭蕉の門下生ですかね、この去来というひとが棲んでいた庵。
昨日、嵐山からここまで足を延ばして、スマホでワンカット、いただきました。
昔、ここが目印で、ここから鳥居本、清滝まで歩いて、河原で飯盒炊爨。
吹奏楽部のメンバーで、グループになって、すき焼きをしましたね。
1960年ごろですから、60年ほども前の話ですかぁ、いまや歴史ですね。

文学は、散文へと興味が移っていって、小説を書こうと思うようになった。
その最初のころは、俳句、近代詩、詩集を作ったのは17歳、高校二年生。
なんだか、人生っていうか、人の一生なんて、短いな、と思ってしまいます。
もういくつの夏を迎えて、終えられるのだろうかと、年よりじみて思います。
世間では年寄り扱い、自分ではそうは思わないけれど、そういう範疇にいます。
一区切りして、もう一回チャンスをもらって、がんばっていこうと思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0