徒然にっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 徒然にっき-20-

<<   作成日時 : 2017/06/20 09:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


ここのブログもけっこう長いこと利用しています。
タイトルの「徒然にっき」は、兼好さんの「徒然草」をもじったもの。
その徒然草が起草されたのは双ヶ岡の山裾の草庵でした。
その場所は、いま小さなお寺になっていたと思うが、歴史を感じます。
掲載した写真は、先日、双ヶ岡に登って撮ったうちの一枚です。
自分の存在、意識のありよう、自分の価値観を構成しているもの。
それらに興味を持って、自分の全体を把握したいと思うのです。

崩れ落ちた感覚のなかに残ったものは、国破れて山河あり、ですね。
二年前、いやはや五年前、十五年前、ずんずんと過去に戻っていきます。
それらに、一応の終止符を打たれた感じで、なにが残るのか。
双ヶ岡が特別な記憶の場所ではないけれど、記憶に残る場所。
過去の光景を求めて、過去の成功体験を求めて、自分を救済する。
もう七十年も生きた、その痕跡を辿るわけですが、この先がないから。
同窓会の幹事をしていますが、まわりで健康を害したひと、死んだ人。

なんだか、年を取るということは、淋しいことが多すぎる気がします。
なによりも、この先が不安、というのが大きいですかね。
それなりに、以前のような立ち回りができなくなっている。
出来なくなっている自覚を、知りたくない、退けたい、そう思ってしまう。
身体が老化することと反比例して空想がひろがり、現実感覚が喪失する。
自分のなかでぐるぐると妄想がひろがり、現実と間違うというのが現実。
なんだか、世間に申し訳ない、失礼ばかりしている、そんな感覚です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
徒然にっき-20- 徒然にっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる