徒然にっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 徒然にっき-4-

<<   作成日時 : 2017/01/19 10:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


もう長年の知りあい、稲垣さんの応援というか、支援というか。
彼が孤軍奮闘、組合と炊き出しの会を運営している姿に感動します。
おととい、裁判傍聴に動員がかけられ、センターからバスに乗る。
裁判のなかみには触れないが、勢力的に裁判闘争を続けています。
原告として裁判に持ち込むわけですが、弁護士、弁護団がいるわけです。
ぼくはそのまわりで、傍聴に行くひとりにすぎません。
その彼が、昨年から病気と闘っている姿をみて、感動的に応援します。

年齢的には、彼はぼくよりも数年年上で、老齢の部類です。
釜ヶ崎で、裁判傍聴の動員に応じてくる数十名のひとたちは、まだ若い。
若いといっても五十、六十、もう少し若いひとも見うけます。
みんな一生懸命生きている。
炊き出しに頼っているひともいるようで、バスの中で会話がある。
ぼくは、年金生活だけど収入があって、それで生活しています。
これ以上の金儲けはしないつもりで、底辺生活を続けようと思う。

生きることの価値観は、金がすべてではなくて、価値を別の処に求める。
それでいいと思っているけれど、金儲けすることに価値を見る人もいる。
金を持った多さで人間の価値が計られるわけではなく、生きる中身だ。
そう思って、その中身を見ようとしているけれど、それがわからない。
自分を見るということが、いま求められ、これからの在り方の価値だと思う。
そういう時代に来ていて、それをいかに作品化していくのか。
これが、表現のテーマとして必要なことだと思っているところだ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
徒然にっき-4- 徒然にっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる