徒然にっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 日々160721

<<   作成日時 : 2016/07/20 09:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


先に記憶の記録と題した文を書いていたんですが、これはそれのあとです。
今日は写真の夜間コースがあって、出発までの時間がいまです。
あとに予定があると、気持ちが落ち着かなくて、浮ついてしまいます。
ストック画像から選び出したのは、高橋の「憂鬱なる党派」単行本です。
もう、遠い記憶のさなかから、浮かび上がってくる自分へのイメージ。
ぼくが釜ヶ崎へ行く、かなり前、西村という主人公の行き着く先が釜ヶ崎。
釜ヶ崎で写真を撮りながら、高橋の描く西村という男のイメージを思った。

夏日になって、青空です。
10時前です、書斎は西向きだから、まだ日が入らなくて、案外涼しい。
チャイコフスキーの交響曲第五番ですね、たぶん、ワルターの指揮です。
これを書きながら、消そうか、聴こうか、と迷いながら、聴いています。
それから、フィルムのスキャンが気になっているところ、一本だけしました。
1977年だったかの冬の旅、余呉駅の光景がでてきていました。
釜へいくのは1978年だったか、1977年には大阪へ取材に行き始めた?。

昨日、京都のヨドバシカメラで、風景論003、写真集をつくりました。
6月から三冊目になる写真集、iPhoneで撮った写真を、iPhoneから。
書籍に編集する器械をつかって、iPhoneから直接12駒を選びます。
そのときの気分、撮ったときの気分、かなり刹那的な選び方ですが。
撮影行動しながら、大きな<この世の光景>を断片化していくこと。
なりゆきまかせ、自分の内面が、羅列する風景に、にじみ出て来ないか。
撮りながら、行動しながら、創りあげていく、そんな行為を論にする。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日々160721 徒然にっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる