徒然にっき

アクセスカウンタ

zoom RSS 日々160630

<<   作成日時 : 2016/06/30 07:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


六月の末は夏越しの神事がおこなわれるという話題です。
茅の輪をくぐってお祓い、無病息災を祈願する、ということらしい。
それから水無月を食べる。
米粉のだんごみたいなうえに甘い小豆がしいてある三角の餅?
これは雪に見立ててある食べ物、当時貴族は保存していた雪を食べた。
貴族ではない庶民は、雪に見立てて、水無月を食べた、とラジオで言ってた。
どうも理屈が多すぎる、その傾向がありますね、ぼくには、いけませんね。

ブログとホームページと、SNSはフェースブックやインスタグラムで発信。
静止画、写真と文章、リアルタイムで見えるアートスタイルで行動してます。
表出したモノを見てくれているひとがいる、見てる、と聞くとうれしいです。
素直に、見てくれているひとに感謝したい、感謝します。
芸術家とはいいません、なんかした発表してる作品を、見てくれてる。
なんのためにしてる、といえば知ってほしいひとと作品を共有したい。
写真と文章、西鶴流にたくさん表出させて拡散させて、日々を過ごしています。

古い言葉でいえば芸術、新しい言葉でいえばアート、アートすることとは。
どういう姿、行為をもってアートしていることとするのでしょうか。
同時代の知合いに、行為を見てもらう、まるで子供みたいに、よろこぶ。
そういうことかも知れないな、自分のことを知ってもらう、まるで恋愛。
音楽、文学、絵画、総合芸術の舞台、映画、展示する空間、出版、等々。
なにをどのように、ぼくとあなたが、共有するのか、これがテーマかな。
生きていくための、食べものとしての栄養素、それ以外の栄養素から。

自己満足ということがあるじゃないですか、自分の心がるんるんに満ちる。
そういう心の満足を得たいために、作品なるモノを作って見せる。
無視されたら、ダメージ大きい、否定されたら、ダメージ大きい。
でも共有してもらえたら嬉しい、褒めてもらったら嬉しい、まるで子供。
子供のようだと思えてる心のことが、必要なのかもしれません。
認め合いましょう、別々の生き方でも、認め合いましょう、心の扉を開こう。
まあ、もう、この歳だから、なんでも心の糧は受け入れていきたいエロ爺です。

※写真は2015.6..25に北野天満宮で撮影の夏越し風景です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日々160630 徒然にっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる